1. ホーム
  2. プリンター技術

プリンター技術

画像形成技術の研究開発は、電子写真技術、材料開発、インクジェット技術を基本として
製造装置への応用展開を行っています。

電子写真技術 – 導電粒子描画技術 ZEOMET(ゼオメット)

銀粒子、銅、ニッケル、錫などの一般的な導電金属粒子を電子写真技術によって描画を可能にした新技術でZEOMET技術(ゼオメット)と称しています。
従来、電子写真技術では金属粒子など電気抵抗の低い導電性材料は電荷を帯電させることが出来ないので、描画が不可能とされていました。
本電子写真技術では、導電ナノカーボン、導電プラチックなども描画が可能となりました産業界での各種応用が期待されますが、半導体ウェハーでの半田ボールによる電極形成応用プリンターの開発、さらに、プリント基板配線、各種電極応用などの研究開発も手がけています。
本技術は技術供与、共同開発プロジェクトとして外部企業との連携を求めています。お問い合わせください。

(以下、左からニッケル、ニッケル0.1×0.24mm、銀粒子焼結パターン)

ニッケル ニッケル0.1x0.24mm 銀粒子焼結パターン
感光体上に現像されたΦ3μ銅粒子感光体上に現像されたΦ3μ銅粒子

感光体上に現像されたΦ3μ銅粒子

電子写真技術 – 高解像度感光体技術 HGPC (High Gamma PhotoConductor)

高解像度デジタル感光体技術 HGPCの研究開発を行っています。
本技術は一般的なアナログ型の感光体の性能を飛躍的に改善するための開発です。
新しい基本原理構想で働く、レーザー光に対して2値応答する材料の研究により、感光体上で4,400dpiの高解像度を実証しました。また、表面が硬く、高耐久、耐溶剤性のある感光体です。10μm以下の細線描画が可能となる画期的感光体技術です。この理論解析成果は、新理論として日本画像学会、IS&Tなどの国際学会で発表しました。2010年6月に、日本画像学会より“2009年度論文賞”を授与されました。
画期的な次世代感光体として期待されています。
本技術は技術供与として外部企業との連携を求め、進めています。お問い合わせください。

HGPC感光体ドラム写真

HGPC感光体ドラム写真

HGPC感光体の特性

HGPC感光体の特性


解像度比較0.7mm角の文字、(左)HGPC (右)市販の感光体

解像度比較 0.7mm角文字、レーザー光量を増加した場合(左)HGPC(右)一般の感光体

布カラーリボンプリント技術 SMATEX(スマテックス)

当社は、単色リボンテープ向けケアラベルプリンターKEGON 100RTを発売しています。
さらに、カラー化とサテン系のにじみやすいテープ材料へのカラー描画を可能とする技術開発を行っています。
新プリンター技術としてにじみ止め技術、リボンテープ搬送技術、定着発色加熱技術などを新たに開発しました。
SMATEX(スマテックス)技術と称し、システムリボンプリンターを構築しました。
本技術により、写真画像などオンデマンドプリントがサテンリボンテープ可能となりました。
当社は、本技術の技術供与のビジネスを基本と展開しています。

比較サンプル 比較サンプル 比較サンプル
リボン リボン

3Dプリンター技術 PLIGRAPHY(プリグラフィー)

当社は2000年頃から、パートナー企業と組んで、新プリンター技術、面露光による光造型プリンターの開発を手がけました。当時、世界最高速度で実現した経緯があります。(以下 写真参)
PL2030

   screw pligraphy_yama3 pligraphy_dolls1

3Dプリンター加熱ヘッド技術の開発

当社は、ヒットリサーチ社(京都)と長年、加熱デバイスに関して共同研究開発を実施してきました。
現在、FDM方式の加熱ヘッドに関し、次世代型のヘッドの開発を進めています。
・加熱温度の高温対応 ; 300℃~500℃へ対応できる性能
・特殊セラミックヒーター技術による速熱性能
・温度センサーの同時組込みによる温度のリアルモニター制御可能
・小型軽量化が実現、プリンターの高速化が可能
・高温機能材料の適応
など、特徴を有します。
t-head-as

お問い合わせ

お問い合わせ Inquiry
ページ上部へ戻る